FXの多彩な注文方法

FXの取引では、新規のポジションを持つ場合や利益確定をす場合の決済方法が豊富に用意されています。まず成行注文はレートを指定せずに相場を眺めながらその場で注文を行う方法です。

 

この注文方法では、迅速かつ確実に売買ができるのが特徴で、確実に売買の注文ができることが大きなメリットとなります。指値注文は売買したいレートを指定して注文する方法をいます。

 

この注文方法は売買の値段を指定できるのが特徴で、約定する値段があらかじめわかるのがメリットです。また逆指値注文は、利益を確定し損失を限定するための注文方法です。

 

この売買は不利なレートで指値を入れる方法といえ、損失の拡大を確実に止められることがメリットとなります。ただ、指値に達した瞬間に相場の流れとは関係なく売買が成立してしまいすので、あまりにも浅いところにセットしておくとたまたま下げたところでつけてしまい終了となる可能性もあるため設定の仕方に工夫が必要となります。

 

こうしたことから相場の流れを考えながら、どのような売買方法をとればもっとも効果的かを良く考えて売買していくことがFXには求められているのです。とくに損きりのための逆指値をうまく使いこなすことができることが重要といえます。