政策金利とは

政策金利とは、各国の中央銀行が市中銀行に融資するさいに適用する金利のことなんですよね。それは中央銀行の金融政策によって決められ、一般的に景気が良い時には、政策金利は高く設定される傾向にあります。

 

反対に、景気が悪い(停滞しているとき)ときには低く設定されているんですよね。これによって、一般的には景気が良い時には預金などの金利も上昇するんですよね。景気が悪い時には、通貨の流通を促進する意味を込めて低めに設定するんです。

 

1994年まで、日本においては政策によって日本における民間銀行の金利は公定歩合と連動するように規制されていたんですよね。公定歩合は日本銀行が民間の銀行へ貸し出しを実施する際に適用される金利のことなんです。

 

公定歩合を変動させることは日本の市中金利を変動させることと同じですから、日本銀行は公定歩合を操作することで市中の金利を状況によってコントロールすることができたんです。

 

そのため、公定歩合は日本の政策金利の役割を果たすことになったんですよね。しかし、民間銀行の金利自由化によって、公定歩合を操作するのではなく、民間銀行が資金の調達に使う短期金融市場の金利が用いられるようになったんです。